忍耐力が強化される、100mの生姜畑の草むしり。

2015.08.06.



 

有機生姜 無農薬生姜

 

こんにちは。

熱中症対策で、塩を舐めていたら、喉が乾き過ぎ、仕事に集中できなかったマサです。

 

 

オーガニックタウンと呼ばれる綾町の有機農業の夏場は、無農薬のサツマイモや里芋の収穫か、草むしりが主な仕事になります。

 

農薬や除草剤などを使用しない有機農業で、いちばん時間を要するのが草むしり作業。

草むしり作業は忍耐力が養われます。

 

「肉体的にキツイから後継者が育たないんだよ」、という声もあるみたいですが、安全な食べ物を生産する「価値」に比べると、それほど苦にもなりません。

 

綾町の有機農家の方には、そんな価値観の方が多いです。

 

 

5km位に感じる、100mの畑。


 

有機生姜 無農薬生姜

 

全力で走れば14秒位で走れる縦100mの畑を、1列、約33分かけて除草していきます。

 

 

有機生姜 無農薬生姜

 

暑い夏場は特に忍耐力が養われます。

 

 

有機生姜 無農薬生姜

 

とにかく畑をきれいに保ちます。

 

先日畑にいらっしゃったお客様は、「畑はアートですね」と、おっしゃっていました。

 

「農薬や化学肥料を使わない有機農業なんだから、草が生えていても、収穫量が少なくても仕方ないというのは、プロではない人が言うことだよ」と、大先輩のおやじとおふくろに毎日のように言われます。

 

9月末頃には新生姜の出荷はじまります。

 

おわり。




書いてる人

© 2014 vege8.net All rights Reserved.個人情報の取り扱いについて 特定商取り引きに基づく表記