オーガニックジンジャーシロップ<へべす入り>

2016.10.09.



 

まだまだ真夏のような日射しが続いていますが、畑ではどんどん秋が実り、冬を迎える準備が着々と進められています。それを遠くから指差し確認している、レシピ担当Yukiです。

 
 
 
Organic Farm AYA に、この夏からのニューフェイス。
Vege8のInstagram にも参加してくれているマチャコのレシピをご紹介します。
 
マチャコがいつも畑に持ってきてくれるジンジャーシロップ、エキゾチックで、大人っぽくて・・・&さわやか!
炭酸でシュワーッと飲む人、芋焼酎で割って飲む人、ホットドリンクにして飲む人、お菓子に使いたいと考える人。
 
後味に残る、宮崎特産の”へべす”がとても心地いいです。
 




 
以下、マチャコがご案内しま〜す。
 
  
オーガニックジンジャーシロップ
 
 
※Organic Farm AYA の有機JAS新生姜を使ったレシピです。
 
 
■材料
 
・新生姜   500g
・キビ砂糖  300g
・水     300cc
 
・シナモン   2本
・カルダモン  3粒
・クローブ   5粒
・ハチミツ   大2
・平兵衛酢  100cc
(ヘベス と読みます。宮崎特産の柑橘類)手に入らなければレモンで代用。
 
 
 
 
■作り方
  
 
①オーガニックの新生姜なので、皮は剥かず土をタワシでキレイにこする程度にしました。
3/2の分量を千切りかスライスにします。残りは辛さを出す為に摩り下ろします。
 
②①の生姜と分量のキビ砂糖とスパイス類を混ぜ、一晩寝かして生姜の美味しいエキスを抽出します。
 
③分量内の水を入れ、沸騰するまでは強火にかけて、沸騰したら弱火でコトコト30分。




 
④煮ている間にヘベスを絞っておきます。100ccだと6個くらいかと。
サッパリめが好きな方はもう少し入れても良いかと思います。
     
⑤30分煮た生姜をザルにあげ煮汁と別々にします。ザルに上げた生姜をさらに手で絞って煮汁を出します。
 
⑥⑤に絞ったヘベスとハチミツを溶かし入れ、余熱が冷めたころに煮沸消毒した瓶に移して冷蔵庫で保管します。
 
 
・今回は、宮崎の有機栽培の生姜という事で柑橘も宮崎特産のヘベスを使用しました。
他の柑橘に比べて香り高く、酸味がマイルドなので飲みもので割る場合や、お料理にも合わせ易いかと思います。
 
・ジンジャーエールで飲むには炭酸水で4〜5倍くらいに割ってミントを浮かべて飲むとサッパリ、スッキリ。夏は身体の中が冷えていたりするので生姜の暖め効果でポカポカよいですよ。
 
・ホットミルクティーで割るとチャイになります。
    
・芋焼酎をジンジャーシロップと氷で割ると、スッキリ飲みやすいカクテルの様になるので危険!うっかり飲み過ぎます。
 
・シロップを作った後の生姜は、佃煮にするとスパイスの香りも残ってて格別です。
 

・作った後の生姜を乾煎りしてから、黒糖にまぶしておくと、冬は 暖めた豆乳にいれてポカポカホットジンジャードリンクに。魚の煮付けなどに使っても、コクがでて美味しいです。

  
その他にもドレッシングやスイーツ作りなど、使い道が沢山!!
 
美味しく、身体によいジンジャーシロップ。
試しに作ってみて下さい。
  
 

Photo & Recipe by マチャコ

 
 




  
  
  
 

Vege8レシピのリレーyellow

季節のおすすめ

新着レシピ

© 2014 vege8.net All rights Reserved.個人情報の取り扱いについて 特定商取り引きに基づく表記