<Vege8>オーガニックファーム綾

Vege8
<オーガニックファーム綾>

人参ジュースに皮ごと使える<無農薬・無化学肥料・除草剤不使用の有機人参>を育てている 九州・宮崎県綾町の有機JAS認定農家の直営サイトです。
カートを見る

レシピ担当:Yuki

 

アパレル勤務後、銀座・京橋にて、友人が経営する『きら家』を手伝ったのをきっかけに、食の道を志す。

各界の著名人も集う、広尾の隠れ家的存在だった『春秋・響』で修業中、現地の料理教室への参加のため ベトナムを訪れ、衝動的にそのまま住み着く。

 

風の通る海辺のレストランで働きながら、ニャチャンで1年遊学。

翌年、参加した料理教室を手伝うためホーチミンへ。

当時スラム街と呼ばれていた4区に間借りして1年半を過ごし 2000年に帰国。

 

帰国後、日本に対する逆カルチャーショックで、ひきこもること半年。

やっとの社会復帰を決めた派遣先で、まさか!の投資を学ぶ。

 

2002年、結婚。

2003年、暑い夏の日、一卵性の双子の男児を出産。

 

目黒・川崎・横浜を経て、2012年秋、宮崎県へ移住。

 

 

一番好きな果物は、梨。

病気の時に食べたいのは、春日堂のドーナツ。

今行きたいのは、台湾。

見ていたいのは、桜。

お金持ちになって買いたいのは、毛糸。

 

神奈川県生まれのさそり座、極度の方向オンチ。Vege8 DEO。

 

 

 

 

「人参は嫌い。」

 

 

 小学生のころから、私は人参が大の苦手、嫌いな野菜No.1でした。

 

 

毎年夏休みになると、私は兄と一緒に父方の祖母の家に長期間預けられ、子供のいなかった伯母が、私たちをいろいろなレストランに連れて行ってくれました。

 

 

なかなかメニューを決められない私に、伯母はいつもハンバーグを注文してくれました。

 

 

当時、どの店でも、ハンバーグにはあの、甘く煮たにんじんの輪切りが添えられていました。メニューを決められないだけでなく、なかなか食べ終わらない面倒な小学生だった私は、この恐ろしい人参とにらめっこするばかり。

 

 

伯母に圧倒的な使命感で完食を言い渡され、どれほど困ったことか、今でも鮮明に思い出すことができます。

ぐんにゃりとした食感、奇妙な甘ったるさに顔は歪み、喉元は圧迫され、人参が、もっともっと嫌いになって、涙を浮かべていました。

 

 

 今なら輸入・冷凍だとわかります。

いつ・どこで・誰が作ったのかもわからないのです、 いくら小学生でもおいしいはずはありません。

 

 

Vege8 有機にんじん

 

 

 大人になるにつれ、料理上手な母のおかげで、自然にいろんな種類の野菜を食べられるようになっていきました。

それでもずっと、私の食べられる人参料理は唯一、千切りにした人参の天ぷらだけでした。

 

 

 そんな私が、農家に嫁いだのです。長い間、無農薬栽培で人参を作ってきた農家へと。

お母さんの作る人参は、町の内外でも、とーっても有名で、味が濃く甘く、それまで知っていた人参よりも、なんだか、ぎゅーっとしていました。

 

いつものように天ぷらにしてみると、その違いがよくわかりました。

まるでお菓子のように甘く、えぐみなく、生き生きとした歯ごたえがあり、私と同じく人参が苦手の次男がやがて、作ってる横からつまみ食いをするようになりました。

 

 

 人参ににリンゴや柑橘類を加えて、ジュースを作ってみても、最初はコップに1cmしか飲めなかったのですが・・・。

ある日ふと、リンゴの甘さが、微妙に邪魔に思えてきて、潔く、でも、恐る恐る・・・人参だけの状態を試し飲みしてみました。

 

えっ?!という小さいけど、絶対的な確信に似た驚き。

人参だけで絞ったジュースの、すっきりとしていて、奥行きのある甘さと言ったら!他に例えるものがみつかりません。

ついにコップ1杯、余力を残して飲み干してしまいました。

 

 

 

 

 野菜と果物の違いって、本来ほとんど無いのだと、旬に収穫する野菜ごとに思い至ります。野菜こそ、甘い食べ物。

 

 新鮮な人参の本来の美味しさを知ってしまってから 、さまざまな料理本の中の、あらゆる人参料理が、俄然おいしそうに見えてきました。信じられない! 「私は、あ~んなに、人参が大嫌いだったのに~っ!?」

 

 

 

+ + + + + + + +

 

 

 

 ~新鮮な人参(野菜)を、もっとおいしく食べていただきたくて、もっと知っていただきたくて、レシピのリレーを始めました。

”あの人”たちに教えてもらった、絶品レシピの数々。いつまでも、いつまでも、Vege8の宝物です。バトンで繋がったご縁に、心から感謝しています。

 

 

 We are what we eat. ~私たちは、食べたものでできている。

さぁ、なにを選んで食べますか? 選んだものを、どう食べますか? とても大切な人たちと。

 

 

 

Top