<Vege8>オーガニックファーム綾

Vege8
<オーガニックファーム綾>

人参ジュースに皮ごと使える<無農薬・無化学肥料・除草剤不使用の有機人参>を育てている 九州・宮崎県綾町の有機JAS認定農家の直営サイトです。
カートを見る

ユネスコジオパーク隠岐の島へ、クルーズ船の通訳へ。

就農する前にやっていた貿易の仕事の関係で、九州近郊に入港するクルーズ船の通訳や入港業務の手伝いをすることがあります。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

里芋植えとゴボウの種蒔きの合間、島根県の隠岐諸島の西ノ島にシルバーディスカバラーというクルーズ船が入ったので、手伝いに行ってきました。

 

 

 

前日はトラクターに乗り、土の上にいて。

 

 

 

 

翌日は船に乗り、海の上にいる。

 

安定した大地から、不安定な海に。コミニケーションが宮崎弁から英語に。

パスポートを持ち、飛行機に乗り、時間をかけて海外に行く感覚とは違い、指をパチンとならすと、もう別の世界。

 

このパラレルワールドを生きている感覚が、僕はとても好きです。

 

 

 

通常クルーズ船は港に接岸するんのですが、西ノ島には外国籍の船が入港することができないので、今回は海上に停泊した船から、小型のボートで乗客を降ろします。

 

 

 

 

 

 

これは、過日、宮崎県日南市の油津港に入港した、別の船の写真。

 

普通はこんな感じに港に接岸し、ギャングウェイと呼ばれる乗降口から、乗客は乗り降りします。

 

 

 

船内のモニターにあった、船の現在地の写真。

 

 

 

この船は、アドベンチャートラベルに強いクルーズ船なので、小型ボートへの乗船用ゲートがあります。

 

 

 

シルバーディスカバリーのwebより。

 

アドベンチャートラベルということなので、この船は世界中のゲストを乗せ、アラスカ、アフリカ、南米など世界の様々な場所へ行くのだそうです。

 

 

 

 

後方のゲートから、「ゾディアック」と呼ばれる船外機のついた小型ボートに乗り込み、島の港までピストン輸送。

 

 

船を操縦するのは、Expeditionと呼ばれる専門の乗組員。Expeditionとは遠征隊や探検隊の意味。

 

 

 

世界中の秘境に行っている探検チームは、ビュンビュン飛ばして、日本の安全な港に向かいます。多少の波しぶきは、アドベンチャートラベルには必須です。

 

 

あれもダメ、これもダメ、それもダメ!に従順になるより、自己責任で少しの危険を楽しむ余裕を身に付けたいものです。

 

 

 

探検家の乗組員が、先に港に渡り、ゲストを待ち受けます。

 

 

約1週間のこのクルーズの料金は、150万円ほどなので、乗客も裕福そうなリタイアした人が多いです。

 

 

港からはバスに乗り込み、西ノ島町の島を巡ります。

 

 

 

 

ゲストが島を探検している間、西ノ島町の町長さんが船長を表敬訪問。

 

 

 

 

もちろん町長さんも、波しぶきを浴びながら、この小型ボートで、乗下船してもらいます。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

シルバーディスカバラーの船内はというと。

 

 

体の火照りが、なんとか冷めるほどのプールと、アウトドアダイニング。

 

夕焼けを見ながら、ここで飲むお酒は最高でしょうね。

 

 

 

客室の廊下。

 

 

 

 

最近、日本中に入るようになったクルーズ船。

 

実は、あまりクルーズ旅行を楽しむことをしない日本人に、「クルーズ」を啓蒙する裏目標もあるのだそうです。

 

 

クルーズ船の手伝いをすればするほど、外国人を地域に呼びたければ、自分たちが旅をしなければいけないのでは?と思います。

 

自分たちがアウトバウンドせず、インバウンドだけもとめるのは、ちょっと違うなような気がします。

 

 

僕らが旅に出る理由は、いくらでもあります。

みんな、旅に出ましょう!

 

 

おしまい。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

この記事が気に入ったら
Vege8にいいね ! しよう

最近の投稿

  • ユネスコジオパーク隠岐の島へ、クルーズ船の通訳へ。...

  • 食、オーガニック、自然栽培。時代の先を行く「福島屋」会長、福...

  • 体中の酸化物質や老廃物を、掃除機のように吸い出す「CS60」...

  • 無農薬ネギ Vege8

    唯一、白ネギが「オーガニック」として認められない理由。...

  • 2017年 完全無農薬栽培 ジュース用有機人参ができるまで...

Top