<Vege8>オーガニックファーム綾

Vege8
<オーガニックファーム綾>

人参ジュースに皮ごと使える<無農薬・無化学肥料・除草剤不使用の有機人参>を育てている 九州・宮崎県綾町の有機JAS認定農家の直営サイトです。
カートを見る

年400%の成長!ニューヨークの都市型植物工場「gotham greens」。

日本でも、植物工場とよばれる栽培施設で野菜を栽培するビジネスに多くの企業が参入しています。2016年3月時点で、約420社の植物工場が日本で稼働中です。

 

植物工場とは、栽培施設内で光や温度などの環境条件をコントロールし、作物を安定的に生産するシステムのことで、「人工光型」と「太陽光型」の2つのタイプに大きく分かれます。

 

「人工光型」 は閉鎖された環境で太陽の光を一切利用せずに発光ダイオード(LED)などの光を使用。

 

「太陽光型」はハウス栽培のように太陽光を利用。

 

2つのタイプとも、土ではなく水で育てる水耕栽培で、諸々の環境条件を制御できる「人工光型」が日本の植物工場の主流。

 

ただ、農業人口の減る日本の次世代農業を担うと期待されている植物工場ですが、現在稼働している7割以上が赤字といわれ、倒産や撤退が多いのも事実です。

 


スポンサードリンク




年400%の成長


 

そんな中、ニューヨークには年間に400%もの成長をしているGotham greensという、2009年に生まれた都市型の植物工場を運営するベンチャー企業があります。

 

Gotham greensのGotham とは、ニューヨーク市のニックネームのこと。

 

 

工場は全て、太陽光型の水耕栽培。

 

vege8 gothamgreens

 

 

 

ニューヨークとシカゴに4つのプラントがあり、2000万個のレタスが生産可能。

 

このプラントは土の畑と比べて30倍もの生産能力があり、水耕栽培に使う水もリサイクルし、同じ野菜を同じ量栽培する場合、土の畑と比較すると、使う水の量を10分の1に抑えることができるのだそう。

 

 

vege8 gothamgreens

 

 

 

Gotham greensがユニークなのは、ショッピングモールや工場などの建物の屋上に全ての栽培施設があること。

 

 

vege8 gothamgreens

 

 

 

生産された野菜は、AmazonWHOLE FOODSfreshdirectなどのスーパーチェーンに出荷されており、なかでも、オーガニック製品の取り扱いの多い、WHOLE FOODS(ホールフーズ)とはパートナーシップを組み、ブルックリン・ゴワナスにあるホールフーズでは、屋上で野菜をつくり、下のスーパーでそれを販売している。

 

この屋上だけで年間に150トンの生産量!凄い!

 

お客さんは上の施設で野菜の栽培を見ることができ、階下のスーパーでそれを買うことができる。

 

ニューヨーク、ブルックリンという大都市での都市型の地産地消&知産知消ですね。

 

 

vege8 gothamgreens

 


スポンサードリンク



 

オーガニック栽培ではないのだそうですが、交通量も多い都市での栽培なので、クローズドな施設での栽培はクリーンなイメージがします。

 

vege8 gothamgreens

 

 

世界の農業はいろいろな問題を抱えているけど、食料不足や安定供給、それに輸送コストの軽減など、様々な課題を解決してくれそうな植物工場。

 

日本の植物工場も、どんどん成功ケースが出てくればいいのにね!

 

gothamgreens

 

vege8 gothamgreens

 


スポンサードリンク



All Images by: gothamgreens.com

 

おしまい。

 

この記事が気に入ったら
Vege8にいいね ! しよう

最近の投稿

  • 2017年 完全無農薬栽培 ジュース用有機人参ができるまで...

  • 宮崎県綾町の「梶山商店」は地方の課題を解決できるのか?...

  • Vege8公式LINE@はじめました...

  • 2017年 有機栽培 無農薬生姜ができるまで...

  • 新規就農者の集い。自分と似ているひとからの助言。...

Top