<Vege8>オーガニックファーム綾

Vege8
<オーガニックファーム綾>

人参ジュースに皮ごと使える<無農薬・無化学肥料・除草剤不使用の有機人参>を育てている 九州・宮崎県綾町の有機JAS認定農家の直営サイトです。
カートを見る

<R.O.R ⓮>料理研究家【田内 しょうこさん】有機さつま芋と鶏肉のこっくり煮

”あの人”に教えてもらうレシピのリレー Relay of  the recipes. Vol.14

 

 

 

第14回目は、料理研究家の稲葉ゆきえさんからご紹介を頂きました、料理研究家の田内しょうこさんです!

 

 

 *プロフィール

料理研究家・ライター。

「かんたんに美味しく、楽しく食べる」がモットー。

シンプルに手早く、より美味しく食べる方法を日々模索中。

ウェブ・雑誌でレシピなどを発信するほか、「時短料理セミナー」「育休復帰セミナー」などセミナー・講演活動も行う。

 

著書は『働くおうちの親子ごはん』シリーズ(英治出版)『時短料理のきほん』(草思社)ほか。

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

日本中の忙しいママ達を応援する田内しょうこ先生。

 

時間に追われる毎日も、先を見越した時間の使い方次第で、日々のご飯づくりがぐっと楽になる、あんなことやこんなこと。

 

時短・先取り、先生のきめ細やかな観察眼によるご提案はとてもロジカルでわかりやすく、なるほど~と思い当たること&すぐに実践できそうなことばかり!

 

 

9月7日発売の saita 10月号では、「水だし」のご紹介もされています~。

 

 

スポンサーリンク

 

 

スヌ子先生(稲葉ゆきえさん)からひと言

 

『今日も、ごはん作らなきゃ』のため息がふっとぶ本 の田内しょうこさん。

 

共働きのご経験を活かし、アセアセ子育てごはんづくりを華麗なるタイムマネージメント術に転換。きゅうりの塩もみが人生を変えた!というエピソードに励まされ、私も常に冷蔵庫に欠かさなくなりました。
 
簡単で超おいしいしょうこさんのレシピ楽しみにしてますねー!」

 

 

 

 

~食にまつわるお仕事に携わる ”あの人!” たちに、おすすめの旬の野菜の食べ方を教えていただきます。~

 

 

 

<オーガニックファーム綾>の畑で採れた無農薬の有機さつまいもを使って、”さつまいもの時短料理”とリクエストさせていただいたところ、白いご飯にぴったりな「有機さつま芋と鶏肉のこっくり煮」を教えてくださいました。

 

 

さつま芋なのに調理時間が短い+おうちにある材料でさっと作れる+フライパンひとつ火にかけておくだけ&子供が喜ぶ!。

 

しょうこ先生の小さな工夫がいっぱい詰まった、夏の疲れを癒してくれる母の味、こっくりとしたさつま芋料理のご紹介です!

 

 

有機さつま芋と鶏肉のこっくり煮

 

 

材料(2人分)

 

さつまいも 1本(250g)

鶏モモ肉  200g

 

◎下味

 酒 小さじ1

 醤油 小さじ1

 片栗粉 小さじ2

 

◎煮汁

 だし または 水 1カップ

 酒 大さじ2

 醤油 大さじ1と1/2

 砂糖 大さじ1と1/2

 

油 小さじ1

 

 

有機さつま芋と鶏肉のこっくり煮の作り方

 

1.さつまいもは1cm厚さに切り、水にさらす。鶏肉は一口大に切り、酒と醤油をもみこむ。

 

2.フタができるフライパン(または厚手の鍋)に油を熱し、2に片栗粉をまぶして焼く。

 

3.表面の色が変わったら余分な油をふき、煮汁の材料と水気を切ったさつまいもを入れ、ときどき返しながらフタをして10分煮る。

 

4.火を止め、余熱で5分置く(長く煮ると煮崩れるため、余熱で煮含めるようにするとよい)。

 

 

スポンサーリンク

 

 

Vege8<オーガニックファーム綾>の野菜について

 

Vege8のさつまいもは、さっぱりした甘さがお料理にもぴったり。

 

今回のお料理は、さつまいもと相性のよい鶏肉を合わせてこっくりと煮ていますが、鶏肉はあくまでもさつまいもの引き立て役。ふんわりとした口当たりから広がるさつまいもの優しい甘みに、ついあとひとつ、と箸がのびます。

 

普通のさつまいもで作ったときと、子どもの食の進み方も段違い!わが家では、さつまいもをレシピの倍量にして作っています。

 

きんぴらや天ぷらなどの定番料理はもちろん、ふかしてつぶして片栗粉をこねただけのさつまいも団子も止まらない美味しさでした。

 

 

田内しょうこ先生の本

 

まずは、最新刊!

 

時間とのつきあい方・配分を見直せる

 

 
時短料理のバイブル
 
 

印象的なシリーズ

 

編集後記:レシピ担当Yuki

 

スヌ子先生のお嬢さんと、しょうこ先生のお嬢さん、そしてうちの息子たちが同学年、仕事を持つママ同士ということで、最初から勝手な親近感を抱かせていただきました。

 

日々の生活の中から生まれたしょうこ先生の知恵や工夫は、わかりやすくて、美味しくて、たくさんのママたちに支持されている理由がよくわかりました。

 

「働くおうちの親子ごはん」シリーズ2冊の最終章にある、国内外の朝ごはんを紹介する”おとなりインタビュー”も印象的でした。豊富なレシピの後のこのインタビューは、しょうこ先生から働くママたちへのエールのように思えました。ご主人の田内万里夫さんによるイラストも味があって、愛があって、ほのぼの。

 

忙しいけど手抜きしたくないママたちへの、上手な手抜きの指南書。ほらこんなに簡単よ、と背中をさすってもらえたような気持ちになれます。そんな温かさのある、しょうこ先生のさつま芋レシピは、やっぱり子供たちに大ウケ!なのでした。

 

初秋にぴったり、心も癒される時短さつま芋料理ごちそうさまでした!

 

おまけ:しょうこ先生イチオシの”朝ごはんにもなるスパイシーキャロットケーキ”。

人参の収穫が始まったら早速作りたいと思います、待ち遠しいぃ!

 

 

田内しょうこ先生の直近のお教室情報

 

◎時短料理教室
 
  9月23日(土)25日(月) 
10月22日(日)23日(月)
11月26日(日)27日(月)
 
  
奇数月は「平日にゆとりを生む、週末作りおき」
偶数月は「段取り上手になる、20分で晩ごはん」
 
 
 そのほか、世界料理教室なども開催。
詳しくは、しょうこ先生のブログをご覧ください。
 
 
世田谷線「松陰神社前」徒歩30秒!

 

 

 

◎これまでに”あの人”に教えてもらうレシピのリレーに参加してくださった皆さん。

 

 

スポンサーリンク

 

 

この記事が気に入ったら
Vege8にいいね ! しよう

おすすめレシピ

Top