<Vege8>オーガニックファーム綾

Vege8
<オーガニックファーム綾>

無農薬・無化学肥料・除草剤不使用のジュース用有機人参を育てている 九州・宮崎県綾町の有機JAS認定農家の直営サイトです。
カートを見る

有機里芋と生姜の台湾風とろとろ鶏

我が家で毎年必ず作る里芋料理です。友人宅でごちそうになって以来、年々進化して今はこの台湾風(?)に落ち着きました。レシピ担当Yukiです。

 

 

里芋は皮付きのまま、一度茹でてから調理することで、やわらかく、煮汁もトロトロになります。

 

 

スポンサーリンク

 

 

つるりと皮が剥けるし、かゆくなることもないんです。

 

はじめは、おいしいところ全部出ていってしまうのでは?と、気が引けていたのですが、里芋はそんなに軟な野菜ではありません。

しっかりと旨みが残って、無駄に皮を厚く剥かずに済むし、いいことだらけ!残ったら、冷蔵庫に保存 (→ お味噌汁に入れたり、コロッケにしたり!)

 

 

最初に鶏肉の皮を、しっかりと焼き切って、焦げ目をつけて香ばしく。

生姜に負けないよう、青ネギは、ちょっと存在感のある小口切りにします。

 

 

◎どこが台湾風なの?と聞かれたら、「行きたいから!」と即答します(笑)。

 

■材料

 

里芋      1袋(300gくらい)

鶏もも肉   150g程度

(新)生姜  ひとかけら

青ネギ    3本

油      大さじ1

 

塩     小さじ2/3

紹興酒   大さじ2

水     200cc

ごま油   大さじ1

 

 

スポンサーリンク

 

 

■里芋の台湾風とろとろ鶏の作り方

 

1.里芋はよく洗い、つながっていた固いところを切り落とし、水から茹でる。竹串がスーっと通るくらいにしっかりやわらかくなるまで茹で、ざるにあげる。

 

2.鶏肉は皮と身を分け、それぞれ粗めのミンチにする。生姜はみじん切り。青ネギはやや太めに小口切りにして、根元の白い部分と青い部分を分けておく。

 

3.里芋の皮を手でむいて、食べやすい大きさに切っっておく。

 

4.フライパンに油を熱して、鶏の皮からしっかり火を入れて、鶏肉の色が変わったら、生姜とねぎの白い部分を入れて、香りが出るまで炒め、水、紹興酒を入れて沸騰させる。

 

5.里芋、塩を入れて煮からめる。水分がなくなってきたら青ネギ、ごま油を入れて火を止める。

 

 

■Point!

 

・里芋のつながっていた固いところを切り落としておくと、早く茹であがり、口当たりもよく、手でむく際にもキレイにむけます。

 

◎その他のおすすめ里芋レシピ

 

スポンサーリンク

 

 

 

おすすめレシピ

cuffy 有機人参のサブジ vege8
Top