<Vege8>オーガニックファーム綾

Vege8
<オーガニックファーム綾>

人参ジュースに皮ごと使える<無農薬・無化学肥料・除草剤不使用の有機人参>を育てている 九州・宮崎県綾町の有機JAS認定農家の直営サイトです。
カートを見る

色の濃い野菜、薄い野菜、どちらを選べばいいの?

野菜の成長に必要な3大栄養素、チッソ、リン酸、カリウム。

これらの栄養素を土から吸収して、野菜は成長していくのです。


スポンサードリンク




 

3大栄養素のなかでも、チッソは特に重要。

このチッソが欠乏すると、野菜の成長に必要な光合成が制御されてしまうからです。

小学校の理科で勉強した記憶がありますが、光合成をしないと植物は生長できませんからね。

 

ただ、化学肥料などでチッソが多く与えられ過ぎた畑の野菜の葉は、濃い緑色になります。

チッソを多量に与えることで、葉っぱの中にある酵素が増えて、光合成が促進されるかです。

 

また、未完熟な動物性堆肥の過度の投与などで、チッソの量が多い畑で育った野菜は、人間の健康にも害を与えると言われている、硝酸態窒素が作物に含まれてしまうことがあります。

 

 

下記の2枚のブロッコリー畑の写真が分かりやすいのですが、上が農薬などを使い栽培されている農家さんの畑。

下が、オーガニックで育てたうちのブロッコリー畑。葉っぱの色が異なります。

 

vege8 ブロッコリー

農薬を使用されている畑。


スポンサードリンク




 

 

vege8 ブロッコリー

うちのオーガニックな畑。

 

野菜にもよりますが、近所のスーパーで野菜を買うとき、特に葉物野菜などは、なるべく薄い緑の物を選びましょう。

 

おしまい。

 

最近の投稿

  • バイオ企業の、遺伝子組換え米しか食べられなくなる日本。...

  • ユネスコジオパーク隠岐の島へ、クルーズ船の通訳へ。...

  • 食、オーガニック、自然栽培。時代の先を行く「福島屋」会長、福...

  • 体中の酸化物質や老廃物を、掃除機のように吸い出す「CS60」...

  • 無農薬ネギ Vege8

    唯一、白ネギだけが「オーガニック」として認められない理由。...

Top