<Vege8>オーガニックファーム綾

Vege8
<オーガニックファーム綾>

人参ジュースに皮ごと使える<無農薬・無化学肥料・除草剤不使用の有機人参>を育てている 九州・宮崎県綾町の有機JAS認定農家の直営サイトです。
カートを見る

綾牛のぬか漬け焼き (おつとめ品仕様)

 

「あさが来た」はもちろん、「あまちゃん」も見ていなかったのに、「とと姉ちゃん」は欠かさず見ている、レシピ担当Yukiです。

 

 

 

 ぬか漬けの美味しい季節です。




わが家では人参・きゅうり・大根を基本に、その時々、手元にある野菜をいろいろ漬けています。

 

実家の母はキャリアも長くぬか漬けがとても上手なのですが、なにしろ遠方の為、自分で作るしかないでしょう・・・と試行錯誤、数々の失敗を乗り越えやっと、まぁまぁかな、と思えるぬか床になってきました。

 

漬けているうちに水っぽくなってきちゃったー、というお悩みをよく耳にしますが、

その水は野菜から出た栄養たっぷりの美味しいものなので、水抜きして捨てるのはもったいないんです!

 

その水分とぬか床のぬかを生のお肉やお魚にたっぷりまぶして、小さなビニール袋に入れて空気を抜いて密閉。

冷蔵庫に入れて2日以降、3日目頃が食べごろですが、5日を過ぎるようであれば、冷凍庫へ。

 

元のぬか床には、ぬかと塩・昆布などを足して、また野菜を漬けます。

まだ水分が多いときは、乾燥生姜・切り干し大根や干ししいたけを小さくして、乾燥したまま入れたりもします。

やはり、漬ける前に野菜の水分をキッチンペーパーなどで、きっちり拭いておくことも大切ですね。

 




 

お肉は、焼肉用の少し厚みのある牛カルビや豚バラなどがおすすめです。

脂身が、コクのあるさっぱりと酸っぱいジュースになってお口いっぱいに広がります!

あー、日本人でよかった。VIVA!発酵生活。

 

スーパーのおつとめ品を買いすぎても、冷蔵庫で醸しておけば安心の、お助けメニューに早変わりです。

 

 

 

綾牛ぬか漬け

 

 

◎酸味のオンパレード。それぞれの酸っぱさが引き立てあって、口の中がずーっとおいしい。

 

 

■材料 

  

牛肉(豚肉でも)   1パック

ぬか床のぬか     適量

 

紫玉ねぎ        1/2個 

A. バルサミコ酢    小さじ1(目安)

  しょうゆ      小さじ1/2

  オリーブオイル   小さじ1/2

 

アスパラ      1本

ゴールドキウイ   1/5個

 

 

■作り方

 

1.ぬか床のぬかとお肉を、小さなビニール袋に入れてまんべんなくもみ込み、冷蔵庫で2日~5日寝かせる。

 

2.紫玉ねぎはお好みの幅に輪切りにして、Aの酢・しょうゆ・オイルを合わせしばらく漬ける。

 

3.ゴールドキウイは皮を剥いて、食べやすい大きさに切る。

 

4.アスパラは、下の部分の皮をむき縦半分に切っておく。

 

5.ぬかを洗い流して、熱したフライパンで肉を焼く。しばらくすると水が出るので、アスパラを一緒に焼き水分を飛ばす。

 

 

■Point

お魚なら、さんまがおすすめです!・・・鶏肉はあまり向いていないように思います。

ビニール袋にとって、必ずぬか床とは別に漬け込みます。

 

 




この記事が気に入ったら
Vege8にいいね ! しよう

おすすめレシピ

Top