<Vege8>オーガニックファーム綾

Vege8
<オーガニックファーム綾>

人参ジュースに皮ごと使える<無農薬・無化学肥料・除草剤不使用の有機人参>を育てている 九州・宮崎県綾町の有機JAS認定農家の直営サイトです。
カートを見る

有機かぼちゃの豆乳プリン

 

 秋に向けレーズン酵母を仕込みましたが2回連続して失敗っ。あぁ、なんて残暑厳しいー。レシピ担当Yukiです。

 

 

一昨年はたっくさん、かぼちゃを作っていました。

甘さ・身の締まり具合がどのくらいの時間で変化するのかを調べたり、いろいろなレシピを試してみたり。




 

中でもこのかぼちゃプリンは、内容を変え、型を変え、焼き時間を調整したりして、何度も何度も作りました。

収穫後しばらく時間を置いた、ほっくり系のかぼちゃで作るのがおいしいです。

ちょっと量が多いかなーと思っても、あと一口、あと一口と、あっという間に無くなってしまいます。

かぼちゃのヘタ(軸)が太く、またコルク状になっているものを選んでみてください。

 

 

様々な型で試した結果、

冷蔵庫での収まりやすさと、まわりと中心の食感の違いを楽しめるという点からも、角型がおススメです。

 

 

かぼちゃの豆乳プリン vege8

 

 

 

 

◎まわりはスイートポテトを思わせるほっくり感+中心部分はなめらか~、明日も明後日も食べたい!

 

 

■材料 (25cm×16cmの角型または丸型22cm)

 

かぼちゃ    中1/2個

卵       4個

無調整豆乳   500cc

きび砂糖    120g

 

 ◆カラメル

 白砂糖  70g

 水   大さじ3

 お湯  大さじ2 




 

■作り方

 

1.かぼちゃの種を除き小さめに切って、蒸し器(電子レンジ)でやわらかする。オーブンを170度で予熱する。

 

2.冷ましている間にカラメルを作る。小鍋に砂糖と水を入れ、ゆらしながら強火で加熱。色づいてきたら火からおろして予熱でさらに茶色くなったら、お湯を入れる(沸き上がるので注意!)。型に流し入れる。

 

3.かぼちゃの粗熱が取れたら皮を除き(350~400g程度)、きび砂糖と豆乳と一緒にボウルに入れハンディブレンダ―でなめらかになるまで混ぜる。(あるいはミキサーにかける)

 

4.別のボウルに卵をしっかり割りほぐし、3.も加えてよく混ぜ、濾しながら型に入れる。

 

5.天板に湯を張り、170度で55~60分、蒸し焼きにする。

 

6.焼き上がりは、中心がプルプル。冷めたら冷蔵庫で2時間以上冷やしていただく。

 

 

■Point

 

かぼちゃによって水分量も甘さも異なるので、材料の分量など都度アバウトに前後したり、牛乳でも美味しくできます。お好みですが、濾すのと濾さないのとでは、かなり違いがあるように思います。

 

今回の型はイケアの耐熱ガラス容器を使いましたが、型に厳密なサイズはなく、ゆすって中心がプルプル揺れるくらいを目安に、焼き時間で調整します。(中心がタプタプしていたらまだです。わかるかなー?)

 

カラメルはきび砂糖でも作れますが、白砂糖に比べ加熱時間を要する、色づきが薄い、お湯を入れた後の凝固が早い、などいくつかの注意が必要です。

 

普段から飲んでいる美味しいと思う豆乳を。わが家でではコチラを使っています。

 

 

 

 また、食べるときに生クリームをかけたい場合は、

豆乳を400ccに、生クリームを100ccにしてプリン液を作り、100ccをトッピングに用いても。

 



この記事が気に入ったら
Vege8にいいね ! しよう

おすすめレシピ

Top