ニンジンの理想的な間隔と大きさ。

2015.12.26.



今年は例年よりも温かく、12月に雨も多いですね。


スポンサードリンク




 

こんな環境下で、ニンジンを畑にそのままにしておくと、ぐんぐん大きくなっていきます。

大きいものだと400g以上にもなり、小さな大根ほどの大きさになってしまいます。

 

 

vege8 にんじん

 

左の2本が、理想的な大きさのニンジンで重さは250g~290g程。

右は400g近くまで成長し、市場での商品価値が下がってしまうもの。

 

 

なぜこうなってしまうかというと。

 

 

vege8 にんじん

 

こんな感じに、ニンジンとニンジンの間隔が1ocm以上離れてしまうと、大きく成長しすぎてしまったりします。


スポンサードリンク




 

 

 

vege8 にんじん

 

それに大きく成長したニンジンは、ニンジンの上部が地表に出て、気温の低下等により赤紫に変色したりもします。

この変色も、味は変わらないのですが、市場での価値を下げてしまいます。

 

 

vege8 にんじん

 

理想的な大きさに成長してもらうには、ニンジンとニンジンの間の間隔が重要です。

 

うちの冬人参は新黒田五寸という品種を育てているのですが、その品種だと理想的な大きさに成長するニンジン間の間隔は、約7.5cm。

 

この間隔になるように、種を蒔き、芽が出てきたら間引きとよばれる、ニンジンの間隔を調整する作業をしていきます。この間引きの回数と間隔が、大きさや形のよい人参を作る重要な作業のひとつになります。

 

 

vege8 にんじん

 

1本1本、手作業で間引き作業をしていきます。

ニンジンの栽培過程で、一番時間を使う重要な作業です。

 

 

vege8 にんじん


スポンサードリンク




 

きちんと間引きされた列や箇所では、このように大きさのそろったニンジンができます。

 

 

大きなニンジンは大味になると言われますし、今年の11月、12月は平均気温が例年よりも2~3度高いので、大きなサイズのニンジンをジュースにした際の糖度も心配しておりましたが、ジュースとしてもおいしい甘さの、糖度7.1度程ありました。

 

 

市場価値の下がった大きめのニンジンを、大量のニンジンジュースが飲みたい方のために、数量限定になりますが割安で販売もしております。

 

今年も、あと6日。

まだまだニンジンの収穫が続く日々です。

 

おしまい。

 




書いてる人

© 2014 vege8.net All rights Reserved.個人情報の取り扱いについて 特定商取り引きに基づく表記