日本もアメリカも、フード系スタートアップが熱い!

2015.07.20.



おはようございます。

雨が多く、もうじき収穫がはじまるかぼちゃの成長が心配な、マサです。


スポンサードリンク




 

ここ最近、日本もアメリカも、フード系のスタートアップに豊富な資金が集まってきていますね。

特にアメリカは、オーガニックフードや環境や健康を意識したスタートアップが多いようです。

 

食べることが好きなので、日本とアメリカの気になるフード系スタートアップをまとめてみました。

 

 

日本


 

Vegeo Vegec

 

宮崎県を拠点に、大学生2人が起業したスタートアップ。

無農薬野菜などを、スムージーという方法で簡単に摂ることを提案。

地方で起業もおもしろい。

 

オフィスヤサイ

 

 

 

クリスプサラダワークス

 

東京の麻布十番にできた、新鮮なサラダを、お腹いっぱい食べれるオシャレなレストラン。

場所的に、外国人のお客さんも多い。

 

クリスプ

 

 

オフィスデヤサイ

 

オフィスに、新鮮なお野菜を届けてくれるサービス。

 

office de yasai

 

 

 

アメリカ編


 

Sweetgreen

 

アメリカの食事情を変えたかった、ワシントンDCの大学院生3人がスタート。

オーガニックで健康的な食生活を、手軽に、リーズナブルに、なおかつクールに提供することを目標にしている。

 

sweet green

 

 

EAT CLUB

 

レストランのような、美味しくて良質な食事を、社食のないオフィスに届けてくれる法人向けケータリングサービス。

 

eat club

 

 

SPOON ROCKET

 

温かくて、美味しくて、ヘルシーな食事を、15分以内にデリバリーしてくれるサービス。

個人的には、自宅の近くに一番欲しいサービス。

 

spoonrocket

 

 

 

イノベーションの余地が大きい業界。


 

世界中に沢山のフード系スタートアップがあるけど、どれもユニークな企業ばかり。

 

「食べる」という行為は、ぼくらが日常的に行う重要なこと。

フード系にしても農業系にしても、まだまだ社会をおもしろくできる、イノベーションが生み出せる余地が大きいので、これから出てくるフード系スタートアップからも目が離せないですね!


スポンサードリンク




 

雨が上がったので、かぼちゃ畑に行くから、おわり。




書いてる人

© 2014 vege8.net All rights Reserved.個人情報の取り扱いについて 特定商取り引きに基づく表記