<R.O.R>ベトナム料理研究家【伊藤 忍さん】有機人参と文旦、干しイカのベトナム風サラダ

2017.03.16.



 ”あの人”に教えてもらうレシピのリレー  Relay of  the recipes. Vol.11

 

 

第11回目はフードスタイリストの上田友子さんからご紹介を頂きました、ベトナム料理研究家・ベトナム料理教室An Com(アン・コム)主宰の伊藤忍さんです!

 

 

 

*プロフィール

 

ベトナム料理研究家

 

フードコーディネイターを経て、ベトナムに渡る。

 

4年弱在住し、現地の料理を研究。在住中には現地のカフェ、料理教室の立ち上げに参画。

 

現在東京・自由が丘でベトナム料理教室An Com(アン・コム)を主宰。

ベトナム料理を広めるために、料理教室の他、テレビ、ラジオ、雑誌、書籍などで幅広く活躍中。

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

ベトナムの事で知らないことは無いのではないでしょうか?

<歩くベトナム辞典>こと、伊藤忍先生の登場です!



 

 

■上田さんからひとこと

 

「年に幾度となく日本とベトナムを行き来している忍さん。

ベトナム料理の知識が豊富で日本にいながら現地ベトナムを感じさせてくれる数少ない料理家さんのおひとりだと思います。お野菜を豊富に使うベトナム料理。忍さん流Vege8レシピを楽しみにしています!!!」

 

 

 

~食にまつわるお仕事に携わる ”あの人!” たちに、おすすめの旬の野菜の食べ方を教えていただきます。~

 

 

 

Organic Farm Aya の畑で採れた<無農薬有機人参>を使って、「人参と文旦、干しイカのベトナム風サラダ」を教えてくださいました。

 

 

文旦のさわやかさ、干しイカの旨み、人参の甘み、パクチーの香り、ピーナッツの香ばしさ・・<五味・五彩・二香>を堪能できる、全てが相まって複雑においしい、春人参でもGOODな季節感のあるアジアなサラダのご紹介です。

 

 

 

 

■材料(約4人分)

 

人参        1本(200g)

塩         小さじ1

文旦        1個  

パクチー      適量

干しイカ      10~15g

ピーナッツ(砕く) 大さじ2 ※バターピーナッツでも可。

 

<タレ>

砂糖(上白糖かグラニュー糖)小さじ4

熱湯            小さじ2

ヌックマム         小さじ4

レモン汁          小さじ3~4

にんにく(みじん切り)   1/2片分

赤唐辛子(輪切り)     適量

 

 

■作り方

 

①人参は千切りにしてボウルに入れ、分量の塩を全体にまぶし(揉まないこと)、2~3分置く。しんなりしたら2~3回水を変えて揉み洗いし、塩気をしっかりと落とす。手で水気をしっかりと絞る(時間を置きすぎた場合は洗った後水に2~3分さらしてから同様に)。

 

②文旦は皮をむいて薄皮から取り出し、実を一口大にほぐす。パクチーは細かく刻み、干イカは短くちぎっておく。

 

③分量の砂糖と熱湯を混ぜ合わせ、砂糖を溶かす。ヌックマム、レモン汁(使う柑橘の酸味に合わせて加減する)、にんにく、赤唐辛子を混ぜてタレを作る。

 

④食べる直前に①の人参、②の文旦、③のタレ大さじ1をあえて器に盛る。②の干イカをのせ、②のパクチー、ピーナッツを散らす。残ったタレに水小さじ4(分量外)を加えたものを添え、食べる際に好みの量のタレをかけて混ぜる。

 

※文旦の他、グレープフルーツやメローゴールド、スイーティー等でも美味しいです。

※干しイカは、桜海老などと同様に海産乾物売り場に売っています。お好み焼き用も使いやすいです。



 

■Vege8 Organic Farm Aya の野菜について

 

「人参は優しい甘さとみずみずしさが溢れています!」

 

 

 

■伊藤忍さんの本

 

 

 

 ■編集後記:レシピ担当Yuki

 

私達がベトナム現地の料理教室で出会ったころ、忍ちゃんはフードコーディネーターとして雑誌などのお仕事をされていました。当時からベトナムに移住する計画をじっくり着実に進めていて、日本で在日ベトナム人の学生さんにベトナム語を教えてもらったりと、衝撃的に住み着いた私と違って、明確な目標を持って準備を重ねていました。

 

プロフィールには4年弱の滞在とありますが、ベトナム歴はそのずっと前からです。忍ちゃんの輝かしい現在は、あの頃から強く永~く、今に繋がっているのですね。

 

私の帰国時に忍ちゃんが住み始めるというタイミングだったので、ポンコツのベスパを託しましたが、雨の日には止まってしまう名車だったので、ずっと気になっていたことをここで告白&懺悔させてください。

 

今では、大人気の超多忙な”伊藤先生”ですが、過密なスケジュールを調整して参加してくださってありがとうございました。資料もこちらで編集しやすいよう細かい部分まで配慮されていて、忙しい中での緻密な仕事ぶりに、最初から最後まで、ただただ感嘆の連続でした。忍ちゃん、ありがとう。すばらしく頭脳明晰&タフ、改めて見上げてしまいました。

 

あの暑くて初々しいベトナムの日々を思い出すような、忍流ベトナムの一皿、ごちそうさまでした!

 

 

 

■伊藤忍さんのお教室情報

 

・初心者から上級、そして研究クラスまである、東京・自由が丘<ベトナム料理教室An Com(アン・コム)>。

ベトナム料理にとどまらず、ベトナムの食文化の向こう側まで学べます。今年で13年目!?。

 

※公式Webサイト:http://www.vietnamfoodnet.com/   

 

 

・情報満載のブログもベトナム感たっぷり!

定期的に開催されているベトナムグルメツアーも忍先生の案内なら、満喫・満足度120%!

いつか私も参加したいな~。

 

※ブログ:http://annamtable.exblog.jp/




Vege8レシピのリレーyellow

季節のおすすめ

新着レシピ

© 2014 vege8.net All rights Reserved.個人情報の取り扱いについて 特定商取り引きに基づく表記